債務整理の一つ

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

債務整理の種類の一つとなるのが任意整理です。借金は返していきたいと思うものの、利息までの返済は無理と考える方に適しています。任意で借金を整理する方法となるのが任意整理の特徴です。公的な機関を全く通さずに債務者と債権者の間で利息や毎月の支払の減額交渉を行っていき、借金額を圧縮する方法となります。今現在借金を抱えている方の中には、現状の返済額では返済が厳しいと認識されている方も少なくないでしょう。収入こそあるものの、現状の返済額では厳しいのなら、任意整理を選択しての対応が望ましいといえます。現実的な返済計画が立てられるのが非常に大きなポイントであり、任意整理手続きを取ることによって、ほとんどの金融業者に対してこれ以上の利息はカットする約束を取り付けられるでしょう。これは金融業者としても利息ではなく、元金だけでも良いと考えるのが大きいです。金融業者にとっての最悪となるのは元金も利息も全く返済してもらえないことであり、利息分をカットするというのは良い落としどころといえます。

任意整理手続きを行うにあたって、頼りになる存在となるのが弁護士です。必要となる手続きを全て代行してくれるのはもちろん、肝心となる金融業者との話し合いをする際に弁護士がいるかどうかが大きなポイントになります。当サイトでは債務整理の一つである任意整理で弁護士が必要となる理由を事細かに解説しており、検討される方は是非参考にしてください。