先々を考えての決断

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

任意整理は先々を考えての決断が必要となります。任意整理は他の種類の債務整理とは異なり、官報に載ることもなくて人に知られる恐れはありません。しかし、信用情報機関にブラックリストとして記載されるため、およそ7年間借り入れができなくなってしまうというデメリットがあります。そのため、今現在ある借金を少しでも少なくすることだけを考えるのはおすすめできません。今後の生活で借り入れができなくなってしまうリスクを考慮しての対応をしないといけないです。任意整理は自己破産とは異なり、借金総額を減らすのが目的となります。借金が減額された後にはしっかり返済していかないといけません。そのため、どういった返済計画で交渉するかが大切になります。

弁護士を介入せずとも債務者が金融業者と交渉し、そして適切な返済計画を立てられるのなら問題ないものの、借金問題を抱えている方の多くは守れなかったからこそこの状況になっているのが事実です。弁護士に依頼しての対応をするのは、任意整理後の返済計画を立てるためという意味合いも大きいといえます。全てを弁護士に任せての対応ができるとともに、その後の生活のことまで考えると、やはりまずは弁護士に相談するのが適切です。

参考|借金返済の相談〔弁護士法人アディーレ法律事務所〕